Gamepedia Help Wiki
Advertisement
Hydra patrol.png
改訳が必要かもしれません。

編集の巡回(Patrolled edits)は最近の更新で、特定のユーザーのページの編集に「巡回済み」または「承認済み」とマークすることのできる機能のことです。

デフォルトでは、巡回はウィキガーディアン管理者のみが利用できます。

この機能は、最近の更新でスパムや破壊行為のような編集を確認するのに使えます。

この機能によって、与えられたユーザー(その権限を持っているユーザー)が巡回することで、一人のユーザーが確認するだけで(複数のユーザーが一度に同じ編集内容を確認しなくて)よくなります。

autopatrol の権限を持つユーザーの編集は、自動的に巡回済みとなります。 すべての利用者権限については、特別:利用者グループの権限を参照。

編集を巡回済みとマークする

編集を巡回済みとマークするには:

  1. 特別:最近の更新にアクセスします。
    • 巡回済みではない編集には、赤い感嘆符(!)が表示されます。
    • JS-basedのインターフェースを使用している場合、巡回済みではない編集を、色で強調できるようになります。
  2. 編集されたページ名の隣にある diff をクリックします。
  3. Mark as patrolled をクリックすると、巡回済みにすることにできます。

最近の更新から、巡回済みを非表示にする

最近の更新の設定にある"Hide patrolled edits"を有効にすると、最近の更新から巡回した編集を非表示にすることができます。新しいJavaScript版インターフェイスを使用していれば、"Unpatrolled"フィルターをクリックすることでも利用できます。

マーカーのカスタム

CSSを使用することで、未巡回の編集のマーカーを変更することができます。最近の更新の感嘆符は、span.unpatrolled でデザインされているものを使用しています。

関連項目

Advertisement